引用元 : 車の売却について

 

こちらの質問者様ですね。

 

【質問内容】
中古車売却後の出来事について
ある車種を先日、とある会社に30万円で売却契約しました。

 

しかし、契約して約束の日に引き渡して後日「故障個所がありました。このままでは商品として成り立たない」という連絡を受けたが、引渡し前に心当たりのない部分で、しかも、そこは査定時には異常の見られない部分でした。

 

で、買い取り額が7万円減額で言い渡されました。
「どこが悪かったのか。どこを直していくらかかるのか見積もりをくれ」と要求するが「じゃお車お返しします」の一点張り。
「要らないから売ったんだろ!」といっても、「引いた額でのお振込かお車の返却の二択です」と馬耳東風。

 

営業の言い方も査定時と比べると随分ヤクザ的だし、警察だなんだとこれ以上事を荒立ててクルマを勝手に返されても困るし、何よりその売却分で次車の頭金に充当する予定だったので、買取価格から修理額を引かれた価格でOKしました(こういうことをしてしまうから、悪質な手段が後を絶たないのかもしれませんが)。

 

で、結局、修理内容も見積額も最後までもらえませんでした。
売却した側としては、修理内容と修理費用を知る権利があるのは当然だと思うし、「それをお知らせしなくても故障してんだから、商品として成り立たない。だから請求しました(買取価格から差し引きました)」的な会社のスタイルには納得いきません。

 

こういう場合、結局はこのまま泣き寝入りするしかないのでしょうか??

 

補足
現在、現状のすべてを法テラスを通じて弁護士に相談している旨と警察に相談している旨は業者に伝えています。

 

 

【回答】
車両を引き渡して(契約内容の履行)が行われたあとでの減額決済を強制してますから、明らかに違法です。

 

そもそも貴方が販売会社として車両の状態を保障して売買しているわけではないので

 

故障していようが商品として成り立たなかろうが、そもそも問題ではありませんし

 

相手が査定をして買い取り額を算出したわけですから、見落としや勘違いがあったとしても相手の落ち度です。
貴方がその責任を負う必要はありません。

 

 

自動車トラブルの相談先のリンクです。
http://support-carlife.com/toraburu-itirann.html

 

 

【質問した人からのコメント】
皆様ありがとうございます。
結局、ココの上司と話し合った結果、原因と修理費用をはっきりさせ、差額分については折半となりました(要は半分返ってきたということです)。
「次回の買取は頑張りますので・・・」とは言ってましたが、信用できないのでスルーしました。

 

ちなみに会社はユーポスです。
皆さんも気を付けましょう。

 

 

【要約】
これは、どっちもどっちというような気がしてしまいますが、
通常ビジネスの取引であれば、納品後、商品の状態が違うじゃないか。
となれば、条件を変更して、契約を組み直すのが一般的ですよね。

 

この状態での納品なら、いくらにしてくれ。
いくらにならないなら、契約自体を破棄する。

 

っていう具合に。

 

今回のケースもまさにこのパターン。
買取依頼をする方の多くが、
査定金額が確定金額だと思う時点で、間違っているような気もします。

 

そして、買取業者側も、
査定時と確定金額に相違がないようにもっと努力すべきでは?

 

一律で減額する額を決められないんでしょうか。

 

後日、メーター交換が発覚した場合は、○○万円減額。
事故歴が発覚した場合、売買契約の破棄もしくは、○○〜○○万円の範囲で減額。
とか、事前に詳細を規定していれば、
このパターンの事例もあまりトラブルにならないような気がするんですけどね。

 

どちらにしても、後日減額の内容に信用性がないし、
その点がクリアになっていない点が、売る側の個人が不満を持つ点のような気がします。

【トラブルに発展してしまった場合】

 

契約上のトラブルになると、
どうしても相手は、企業。

 

法律の専門家である弁護士さんに相談される事をお薦めします。
身近に弁護士さんがいらっしゃるのであれば、
そういった方にご相談されるのが良いでしょう。

 

また、ネットでも近くのエリアで無料相談を行っている弁護士さんを探せるサイトもあります。
こういったサイトを活用するのも一つです。

 

【日本全国対応】 日本法規情報の弁護士無料相談 
http://www.soudan-form.com/

【PDF】 査定額を高めるたった2つの戦略


PDFダウンロード
車の買取価格を高める「たった2つの効果的な戦略」
査定業者を2つのカテゴリーに○○し、○○する方法。

これは、通常の一括査定と手間はほとんど変わりません。

また、悪徳業者のやり口・トラブルの実例も掲載しておりますので、
トラブルを避ける為の参考にしてください。
あなたの身を守るのは、あなた自信です。

>> PDFダウンロード

関連ページ

二重契約をしてしまうとは・・・。ガリバーの事例
中古車買取大手ガリバーとの事例になります。結果、何事もなく終わったようですが、利用者様の心配のお気持ちは分かります。ただし、ご自身の安易な行動が周囲に迷惑を掛ける要因となることを自覚しておくことも重要。ガリバーは、昔と比較すると、評判も良くなってきているようですので、今後のさらなる改善に期待ですね。
話が違う・・・。コロコロ変わる条件・・・。ガリバーの事例
査定時の条件から、話がコロコロ変わる。というガリバーの事例です。売る側が偉い。という感覚の方が多いようですが、その態度を見なおしてみてはいかがでしょうか。こういったケースにおいて、一方のみが悪いということは少ないように思います。
査定後に減額要求。査定員のミスじゃないの?
査定後の減額要求。これは査定員のミスじゃないの?素人には、どこが壊れているかなんて分からないのに、契約条項には、「虚偽の申告があった場合や後日発覚した場合、本契約の解除、買い取り金額の減額請求、損害賠償請求を受けても異議申し立てないものとする」との記載・・・。
車両売却後に、メーター交換の疑いを掛けられた。
車両の売却後に、メーター交換の疑惑を掛けられました。というトラブルの事例ですね。このケースにおいても、一概に、買取業者が悪いとは言い切れない部分もありますので、詳細を見て行きましょう。
事故歴が見つかったから50万円返金してくれ。キャンセルなら手数料5万円
100万円で買取してもらい、入金確認後に、事故歴が見つかったから、50万円返金してくれとのこと。もし、売買契約自体をキャンセルしたいなら、手数料として、5万円払ってくれ。とのトラブルの事例ですね。
売却後の車両瑕疵による事故。責任の所在は誰に?
中古車買取→新たな買い手への売却後、その車両の瑕疵が原因で事故が発生した場合、その責任の所在は誰にあるの?というご質問ですね。これは、買取業者との売買契約の内容によって変わってくるようです。