検討して頂いてよいので、とりあえず契約書を書いてもらえますか。

引用元 : 至急 車の買い取り 契約書について

 

こちらの質問者様ですね。

 

【質問内容】

 

至急 車の買い取り 契約書について

 

愛車を手放すことになり、昨日4社に査定に来てもらいました。
どの会社も「即決できないか」と言われましたが、4社出揃ってから検討するつもりでした。
3社目(ガリバーさん)が、好金額を提示してくれたのですが、即決はしない旨を伝えると、「本日中にTELで返事をもらえればその金額で行きます。とりあえず契約書を書いてもらって、最終的にうちがNGになったらその契約書は破棄しますので」と。

 

それでその契約書を記入してしまったのですが、今になって、口約束だけで契約書を書いてしまったことが今後トラブルになるのではないかと不安でたまりません。

 

結局4社目でさらに高値が出たので、4社目で契約することになり、その旨を伝えると、気持ちよく了解してはいただけたので、悪印象ではなかったです。
今日中に、私の手元にある契約書控えを送ってください、と言われています。
(返送用の荷送り状もいただいています)

 

このまま返送するだけで、違約金等のトラブルなく解決しますでしょうか?

 

ちなみに押印の箇所は、押印ではなくサインを書きました。

 

知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

 

【回答】

 

こんにちは。

 

まぁ結局のところこういったトラブルを呼び込んでいるのはご自身の行動なんですよね^^;
売りもしないところに形式的にでも契約書を取り交わせば契約内容を了承したという事になります。

 

どういう形でも2重契約したのは貴方の意思です。
しかも2重契約先が全国でもトラブルが絶えないガ○バーです。

 

>その旨を伝えると、気持ちよく了解してはいただけたので、悪印象ではなかったです。
今日中に、私の手元にある契約書控えを送ってください、と言われています。

 

これはガ○バーが言った事ですよね?
そこまで心配なら連絡して確認を取るべきかと思いますよ。

 

>ちなみに押印の箇所は、押印ではなくサインを書きました。

 

印鑑じゃなくともサインでも契約者本人が書いたものだから有効になるんです。
そういう判例は沢山あります。

 

正直なところ消費者の行動が業者の手口を巧妙化させているんですね^^;
大切な物の売買ですからそれだけにちゃんと信用できるところと今後は契約してください。

 

 

【質問者からのコメント】

 

無事に解決しました。
今回は何事もなく済みましたが、ご指摘のとおり、契約というものに対する自分の認識の甘さを思い知らされました。
今後気を付けたいと思います。
アドバイスくださった皆さんに感謝致します。

 

 

【要約】

 

「とりあえず契約書を書いてくれ。他社で契約するなら、破棄するから。」
と、ガリバーの担当者に言われ、契約書を書いてしまった。
ということですね。

 

こういう申し出をしてくるのもどうかと思いますが、
安易に、分かりました。と契約書を交わすのもどうかと思います。

 

どっちもどっちということになってしまうのですが、
こういった不用な心配要因を作らない為にも、
こういったトラブル事例があるということを頭に入れておきましょう。

 

契約しないなら、契約書は出さない。ということです。
気をつけましょう。

【トラブルに発展してしまった場合】

 

契約上のトラブルになると、
どうしても相手は、企業。

 

法律の専門家である弁護士さんに相談される事をお薦めします。
身近に弁護士さんがいらっしゃるのであれば、
そういった方にご相談されるのが良いでしょう。

 

また、ネットでも近くのエリアで無料相談を行っている弁護士さんを探せるサイトもあります。
こういったサイトを活用するのも一つです。

 

【日本全国対応】 日本法規情報の弁護士無料相談 
http://www.soudan-form.com/

【PDF】 査定額を高めるたった2つの戦略


PDFダウンロード
車の買取価格を高める「たった2つの効果的な戦略」
査定業者を2つのカテゴリーに○○し、○○する方法。

これは、通常の一括査定と手間はほとんど変わりません。

また、悪徳業者のやり口・トラブルの実例も掲載しておりますので、
トラブルを避ける為の参考にしてください。
あなたの身を守るのは、あなた自信です。

>> PDFダウンロード

関連ページ

話が違う・・・。コロコロ変わる条件・・・。ガリバーの事例
査定時の条件から、話がコロコロ変わる。というガリバーの事例です。売る側が偉い。という感覚の方が多いようですが、その態度を見なおしてみてはいかがでしょうか。こういったケースにおいて、一方のみが悪いということは少ないように思います。
査定後に減額要求。査定員のミスじゃないの?
査定後の減額要求。これは査定員のミスじゃないの?素人には、どこが壊れているかなんて分からないのに、契約条項には、「虚偽の申告があった場合や後日発覚した場合、本契約の解除、買い取り金額の減額請求、損害賠償請求を受けても異議申し立てないものとする」との記載・・・。
車両売却後に、メーター交換の疑いを掛けられた。
車両の売却後に、メーター交換の疑惑を掛けられました。というトラブルの事例ですね。このケースにおいても、一概に、買取業者が悪いとは言い切れない部分もありますので、詳細を見て行きましょう。
事故歴が見つかったから50万円返金してくれ。キャンセルなら手数料5万円
100万円で買取してもらい、入金確認後に、事故歴が見つかったから、50万円返金してくれとのこと。もし、売買契約自体をキャンセルしたいなら、手数料として、5万円払ってくれ。とのトラブルの事例ですね。
売却後の車両瑕疵による事故。責任の所在は誰に?
中古車買取→新たな買い手への売却後、その車両の瑕疵が原因で事故が発生した場合、その責任の所在は誰にあるの?というご質問ですね。これは、買取業者との売買契約の内容によって変わってくるようです。
30万円で契約後、23万円へと減額。ユーポスの買取事例
30万円で契約後に、7万円の減額要求。査定時と違う金額を提示された場合にはどうすればいいのか。というトラブル事例ですね。